ロルフィングはアメリカの生理学者、アイダ・ロルフによって開発された筋膜に働きかける施術です。ロルフ博士は1920年代から研究を重ね、人体の構造を重力と上手く調和させることにより慢性的な機能不全や痛みを和らげる方法を編み出しました。当時ロルフ博士はこの技法を「構造的統合」と呼んでいましたが、これが後にロルフィングと呼ばれる様になりました。ロルフ博士の死後その技術や理論が弟子達によってよりよいものへ昇華されていきました。

筋膜は人の体全体に存在しており筋肉やその他の臓器を繋ぎ合わせています。イメージとしてはフライドチキンを食べている時に見える銀色の膜が筋膜です。筋膜が固くなると筋肉と筋肉がスムーズに動く事が出来なくなり、その代償として体の他の部分が過度に働いてしまいます。これが慢性化することにより痛みや違和感が発生します。その凝り固まった筋膜をほぐし、重力との調和を取る事がロルフィングの目的です。全身の筋膜を取り扱う事により体の機能が高まり長期的な効能が期待出来ます。体の一部分が痛いからといってその部分だけを見るのではなく、体全体を見るのが他の施術法とロルフィングが違うところです。

左が10回受ける前、右が10受けた後。

ロルフィングは10回のセッションで構成されています。それぞれのセッションで体の違う部分を取り扱い10回かけて体のバランスを高めていきます。ロルフィングを受ける事によって以下の事が期待できます。

  • 怪我の回復
  • 腰痛など、慢性的な痛みの改善
  • 姿勢の向上
  • 柔軟性の向上
  • ストレスからの解放
  • 様々なパフォーマンスの向上

 

必ずしも10回を受けなければならないという決まりはありません。数回の施術で姿勢がかなり変わる方もいらっしゃいます。10回受けるには都合が付かない方は、単発でのセッションも承っています。お問い合わせください。

 

メジャーリーガー、ダンサー、画家、赤ちゃん、学生、主婦等、本場アメリカでは年齢、性別、職業に関わらず様々な方がロルフィングを受けています。また10回だけのコースではなく、単発や複数回のみのセッションも承っております。詳しくはお問い合わせ下さい。
フランスのロルファーによって作られたロルフィングの概要、受けた人の感想、ロルフィングのセッションの様子が治められています。ロルフィングの輪郭を掴むには良いビデオです。