目のワークの効果

たまに目のワークもロルフィングのセッションに取り入れてますが、現代に生活する上で目の国試は避けられない状況になてるんじゃないでしょうか?パソコン、タブレット、スマホ・・・テレビだって光を発してますから、強い光にずっとさらされてる状況になりますよね。

僕は意図的にパソコンやスマホの画面の明かりを暗めに設定してますが、ガンガン明るくしてる人は、目への疲労が半端じゃないんじゃないでしょうか?

ブルーライトなどの強い光を長時間あてると網膜(人間の目のスクリーンみたいな組織。ここに映像を写す)が疲労を起こすんです。

試しに目を酷使してる人の網膜にワークしてみましたが、目の疲れが一気に取れたという報告をもらいました。

ただ科学的に「今僕は網膜にワークしてるんだ。網膜の細胞がこういうふうに、いい変化をしたから見え方が変わったんです」っていうのが言えない状況なんですが、なんにしろ見え方がよくなったのはいい変化です。これを科学的に立証できればいいんですが、なかなかそうもいかないですね・・・

でも科学の技術は常に進歩してるので、徒手療法で体の組織にどういう反応が出るかという装置が、体の全組織に対応できるような日はくると思っているので、そういう機会が出てくるのが楽しみですね。

 

 

それとは別にアスリートへの応用もできるんじゃないかと思っています。とにかくアスリートって目からの情報をどう処理するかで結果がガラッと変わるじゃないですか?

野球でピッチャーの球筋がみえなくなったり・・・テニスのサーブが予測できなくなったり・・・目の動きが安定しなくなったり・・・

アスリートにとって目の動きや見え方は死活問題に関わることだと思うんですよね。目の見え方で姿勢とか頭の位置、首の位置も変わったりしますからね。

だから今すぐ「目が見えにくいから」という状況になくても、将来的にキャリアを長くしたり、より見え方をクリアにしたいという方・・・はおすすめかもしれません。

目へのワークに興味のあるかたへぜひご連絡ください。目のワークでどう体が変化するか興味のある方もぜひ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中