脳下垂体の機能

脳下垂体は視床下部から伸びた組織で、トルコ鞍という骨のくぼみにはまっています。

 

脳と繋がってはいるんですが、機能的には内分泌系に分類されます。

 

脳下垂体は前葉と後葉にわかれており、それぞれで分泌するホルモンがことなります。

 

前葉

  • 甲状腺刺激ホルモン(TSH)
  • 卵胞刺激ホルモン(FSH)
  • 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)
  • 成長ホルモン(GH)
  • プロラクチン

 

後葉

  • バソプレッシン
  • オキシトシン

 

これは解剖での観察らしいですが、脳の授業の先生の話によると、視床下部と脳下垂体を繋いでいる漏斗という構造は、ねじれが起こっていることが多いようです。

 

漏斗がねじれるということは、視床下部や脳下垂体にも影響がありそうですよね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中