大腰筋の付着部と椎間板

大腰筋の起止と停止は?と聞かれると、この世界にいる人は結構答えられると思います。

 

それほど最近は大腰筋の存在がメジャーになってきてるんだと思います。

 

 

さて、大腰筋の起止部はT12, L1-4、個人によってはL5まで伸びてる人もいるそうです。

 

停止部は小転子ですよね。

 

今回は起止部の豆知識です。

 

実は大腰筋は椎間板にも付着してるんです!だから大腰筋の癒着やスパズムが原因で椎間板も自由に動かなくなり、結果的にヘルニアの原因になったり腰椎の動きが鈍くなってしまう・・・なんてことも考えられます。

 

大腰筋って、横隔膜の繊維と繋がってたり腰方形筋と隣接してたり・・・すごく大切な筋ですよー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中