目へのワーク

072

今日は午前中にセッションが1本。

 

そして午後からは高校の同級生にセッションでした。

 

その同級生はいつもドライアイに悩まされていました。先日の台湾の血管のセミナーでは目に関わる動脈へのアプローチを学びましたし、以前のデンマークのセミナーでは視神経へのアプローチも習ったことがあるので、それらを複合してワークをしてみました。

 

視神経へのワーク、そして視神経の中を通る眼動脈へのワークをしてから目を開けてもらうと・・・

 

本人の感覚ではかなり目がすっきりしたというフィードバックをもらいました。

 

そのあとはセッションがないのでカフェでコーヒーを飲んで、しばらくしてからご飯を食べに行くことに。

 

いつもなら途中で何回も目薬を指さなければいけないくらいのドライアイなんですが、セッションが終わってからご飯が終わるまで一度も目薬を指していませんでした。

 

うーん、目の循環がよくなるだけで、ドライアイにも効果が期待できるんだ・・・

 

僕たちが行う徒手療法はなかなか科学的な裏付けがやりにくく、どうしても「エビデンスを出せ」と言われれば出せないことが多いです。というかほとんど。

 

でもそうやって現場で副作用なく結果が出れば一番じゃないのかと考えています。

 

これからもいろんな組織へのアプローチを勉強して、色々な症例に対応できるように精進です。

広告