胸椎周辺の筋膜リリース

これまで色々な骨のランドマークに対してのアプローチを紹介しました。もちろん脊柱にアプローチする方法もあります。個所を限定してT4-7周辺へのアプローチです。なぜ T4-7かと言うと菱形筋や僧帽筋、起立筋など肩甲帯や脊柱に関係する筋がたくさん付着しているからです。

またメカニクス的にも、首の回旋が起こるとT4周辺まで回旋の動きが伝わるので、首とも関わりのある個所ですね。

ここの周辺の緊張がとけると、胸郭や胸椎の制限がかなり取れますよ!

広告