手根管の筋膜リリース

昔、アメリカに居た時に師匠のJim Asherから手首へワークしてくれと頼まれた事がありました。何十年も、毎日何人もの人へセッションをしていると指や手首にも少しずつ負担がきてるんでしょうね。

さて、彼の手首にワークしていると、とてもビクビクしてしまいました。理由は簡単。手首には正中神経という神経が通っているからです。その神経を圧迫しない様に軽めにやっていたのですが、Jimからは「もっと強くやってくれ!」という注文が。神経が痛くない事を確認しながら圧を加えると、かなりの圧になっていました。がしかし、本人は「それでいいいんだ!」というお褒めの言葉。

日本に帰ってからもこのテクニックは使っていますが、結構強めにアプローチしても、神経の痺れを訴えた方はまだだれもいません。もちろん、痺れを訴えたらすぐに圧を変える必要はありますよ!

そしてこのテクニック、かなり手首が楽になります!

広告