12肋骨周辺の筋膜リリース

ロルフィングの創始者、ロルフ博士はある日、弟子にこう聞かれました「博士、博士がもし体の中で一カ所だけ選択してワークするならどこですか?」と。

彼女の答えは「12肋骨」でした。何故なら12肋骨にはとてもたくさんの筋が付着しています。腰方形筋、脊柱起立筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹横筋、横隔膜、肋骨挙筋などなどなどなど・・・

体幹に関する筋がとても!とってもたくさん付着しています。

動画では、そんな大切な12肋骨へのアプローチを紹介しています。

ここで注意なのは、12肋骨の周辺には腎臓があるので、特定の個所は避ける事が大切です。腎臓を触れると、かなりの不快感を覚えるので、テクニックをしている時に、患者さんが不快感を訴えたら腎臓に触れてると感じた方がいいです。それと高齢の方は骨が脆くなっているので、最初の内は慎重にアプローチする事が大切です。

広告