鎖骨下筋と肩甲挙上筋への筋膜リリース

鎖骨下筋と肩甲挙上筋へのアプローチです。鎖骨と第一肋骨の間には無数の神経や血管が通っています。鎖骨下筋は鎖骨と肋骨の間を狭める効果があります。なので鎖骨下筋にアプローチすることによって、様々な上肢の制限を改善できることが期待できます。

広告